一本の線から伝わる人生

SAYUU Breeze左右ブリーズ

 

先日、茶時を愉しんだ時に使われた茶杯は文人・田能村直入と息子の小斎が絵付けをし、器は清風与平が焼いたものです。

直入は当時、90歳。姿楽しく、筆の運びは大胆に、自由な精神を感じさせてくれます。

たとえ一本の線であっても、描き手の人生が表れる器です。

若王子倶楽部 左右KOGEI GALLERY & SALON IN KYOTO
営業時間 11:00~18:00定休日 火・水曜日
© SAYUU.
back-to-top