ティー・エレメント公募展 入賞作品のご紹介③

Activity in Japan日本での活動




【入賞】
吉野 弘純 氏 掛分千筋建水「無尽蔵」 H7.8 x φ16.5

 
ー制作にあたってー


建水です。外側の線引きが特徴です。
お点前の時、指当たりが良いように思います。
うすく黒い釉薬をかけることで、裏を返すと不思議なグラデーションに
なりました。


<前崎信也氏(京都女子大学准教授)のコメント>


おそらくモノを見る力がある方なので、何が良いのか、分かる分からないに
関わらず、作られるものに一貫したセンスがあります。

 
これを意図して作り、共感を生む言葉で説明することができるようになれば、
よりよいものが生み出されそうな期待感があります。

 
<中山福太朗氏(茶人)のコメント>


派手さはないけれど、バランスがとてもいいな、と思いました。
足元を絞った器形に、素地と釉に高いコントラストをつけ、深めの輪線を
外側全体に彫る。この全体設計が、建水という役割に見事ハマっています。

 
形のおかげで持ちやすく、またすっきりとしたフォルムは現代的です。
輪線は手がかりの良さにも効果的で、深い彫りは形のフォルムに
沿ってかすかに色のグラデーションを作っていますが、視覚的に
強過ぎません。

 
建水としての用途とデザインがよく連携しており、こういう形式が建水という
ジャンルに名前を伴って存在していいな、と思います。
欲をいえば、高台の造形に物足りなさを感じました。

 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  


フォルムの輪郭と千筋。その絶妙なバランスと影・釉薬が溶け合う
キリリとした美しさ。

 
それとは対極にある内側の淡い色。
斜め45度辺りから光が差し込むと、3つのコントラストが生まれ、
新たな静けさが心をとらえる作品です。

 
SFの世界のように、水を入れれば無尽蔵に下から水が流れつづける
イメージと仰った吉野さんの豊かな発想力。
陶芸を始めて2年目でありながら磨かれた感覚をお持ちであること、
普段はピアノ調律をされていることに、大きな驚きを持ちました。 

 
文・撮影= Izumi TK

  
* – – – * – – – * – – – * – – – * – – – * – – – *
第1回ティー・エレメント公募展 開催
12月23日(月) まで
営業時間 10:00-17:00 火・水曜日定休
* – – – * – – – * – – – * – – – * – – – * – – – *

若王子倶楽部 左右KOGEI GALLERY & SALON IN KYOTO
営業時間 11:00~18:00定休日 火・水曜日
© SAYUU.
back-to-top