青瓷杯

穂積和彦

淡い白から、下へ向かうほどに水色へとゆっくり変化する青磁。
一見、シンプルに見えるこの色は奥深く、光りの当たり具合に
よっては、宇宙からみた地球を連想させます。

青磁の釉薬にはわずかな鉄が含まれ、釉薬の調合や焼成条件によって
発色が大きく変化し、明るい色から緑に近い色までさまざまです。

好みの青に出会う楽しみが広がります。

クリエイター紹介

穂積和彦Kazuhiko Hozumi

関連の投稿

若王子倶楽部 左右KOGEI GALLERY & SALON IN KYOTO
営業時間 11:00~18:00定休日 火・水曜日
© SAYUU.
back-to-top